コンスタンツァ(黒海)

週末は、天気も良かったので行ってみたかったコンスタンツァに行ってきました。

6:30 ブレイラ発のコンスタンツァ直通の電車

f:id:syuutansky:20210725101619j:image

f:id:syuutansky:20210725101615j:image

約3時間半の電車の旅。今が、シーズンと言うこともありほぼ満席

f:id:syuutansky:20210725101436j:image

通路側だったため、景色を見る事なく

コンスタンツァ駅に到着。

f:id:syuutansky:20210725101604j:image

ルーマニアには、所々船が飾られています。
f:id:syuutansky:20210725101537j:image

コンスタンツァと言えばこの景色。残念なことに、改装中の為、足場で囲われていました。
f:id:syuutansky:20210725101520j:image

ルーマニアでは、初の空撮にもチャレンジ。

カジノコンスタンツァの街並み。
f:id:syuutansky:20210725101623j:image

f:id:syuutansky:20210725101627j:image

コンスタンツァヨットハーバー

一度はこんな豪華クルーザーに乗ってみたいものだ。

f:id:syuutansky:20210725101339j:image

オシャレなレストラン
f:id:syuutansky:20210725101600j:image

これが、コンスタンツァビーチ

ルーマニアには、海水浴が出来るところがここ(黒海)しか無いと言う事で大勢に人で賑わっていました。

f:id:syuutansky:20210725101412j:image

砂浜は、サラサラ系
f:id:syuutansky:20210725101504j:image

ビーチを後にして、

電動キックスクターにチャレンジ。0.7Lai(約19円)/分

f:id:syuutansky:20210725124721p:image
f:id:syuutansky:20210725101315j:image

事前にアプリで個人情報、クレジットカードを登録して

借りるときは、ハンドルにあるQRコードスキャンするだけ。

読み取ると電動キックスクターに電源が入りスタート。

f:id:syuutansky:20210725101329j:image

乗り方は、バイクのようにハンドルを握って回すのかと思っていたけど、右手親指でレバーを倒すだけ。あれっ、レバーを倒しても動かない。壊れたものを選んだのかと思ったら、スタートはひと蹴りして加速は自分で、その後電動で動き始めます。

基本時速は、24km/hですが、人混みのエリアは、8km/hGPS管理されていました。

返却は、決められたエリア内であれば何処にでも返却可能

ENDボタンを押し、次の人のためにどんな箇所に返却したかが分かる写真を撮るだけ。その後すぐに返却確認(時間、走行距離、金額)が送られてきます。

f:id:syuutansky:20210725124747p:image

注意することは、

レバーが戻ってこないものもあるのでスピードを緩めたくても出っ放しになることがある

・タイヤが小さいのでルーマニアのように舗装が悪いところではこける可能性大

・街路樹の枝、葉にぶち当たる

でも、風を切りかなり快適でした。

行きたいところに行き返却。用事を済ませまた借りるの繰り返し。

と、言うことで電動キックスクターに乗ってコンスタンツァを観光。

コンスタンツァの灯台
f:id:syuutansky:20210725101541j:image
f:id:syuutansky:20210725101424j:image
f:id:syuutansky:20210725101319j:image
f:id:syuutansky:20210725101347j:image

ママイヤ(お金持ちの住む街)まで約2.2kmロープーウェイに乗車。片道20Lei(約530円)
f:id:syuutansky:20210725101310j:image

ビーチ沿いをゆっくりと進みながら

f:id:syuutansky:20210725105353j:image
f:id:syuutansky:20210725105346j:image
f:id:syuutansky:20210725105349j:image

ママイヤに到着。雰囲気は、ハワイに似た感じ。
f:id:syuutansky:20210725101446j:image

さっき、ロープーウェイから見たBuridge Mamaia
f:id:syuutansky:20210725101358j:image
f:id:syuutansky:20210725101342j:image

ビーチでも空撮

右は黒海 左はシウトギオル湖
f:id:syuutansky:20210725101306j:image

なんかオシャレ
f:id:syuutansky:20210725101530j:image
f:id:syuutansky:20210725101455j:image

f:id:syuutansky:20210725105809j:image

海外ならではだなぁ
f:id:syuutansky:20210725101508j:image

タバカリエイ湖にある木造の教会

St.Mina wooden church,Tabacariei lake
f:id:syuutansky:20210725101451j:image
f:id:syuutansky:20210725101512j:image

Carol Mosque
f:id:syuutansky:20210725101611j:image
House with Lionsf:id:syuutansky:20210725101442j:image

The National Bank of Romania
f:id:syuutansky:20210725101516j:image
Museam of National History and Archeogy
f:id:syuutansky:20210725101547j:image
ホテルは、Alnis Boutique Villa

小さなホテルですが、出来立てor改装ホヤホヤでとにかく綺麗。家族経営みたいで、フロントはなく部屋に案内されお父さん、お母さん、息子が色々と説明してくれました。

f:id:syuutansky:20210725194522j:image
f:id:syuutansky:20210725101323j:image
f:id:syuutansky:20210725101419j:image
f:id:syuutansky:20210725101408j:image
f:id:syuutansky:20210725101551j:image

夕食は、ヨットハーバーへ行きお昼を食べていなかったのでちょっとリッチにシーフードパスタ
f:id:syuutansky:20210725101555j:image

コンスタンツァの夕日
f:id:syuutansky:20210725101534j:image

市・区役所
f:id:syuutansky:20210725101428j:image

Folk Art Museum
f:id:syuutansky:20210725101354j:image

Museam of National History and Archeogy
f:id:syuutansky:20210725101459j:image
Carol Mosque
f:id:syuutansky:20210725101526j:image
ミルチャ・チェル・バトルン通り
f:id:syuutansky:20210725101404j:image

5:46 黒海から浮かぶ朝日

f:id:syuutansky:20210725131142j:image
f:id:syuutansky:20210725131130j:image

海には、入っていないが既にビーチには人が集まっていました。
f:id:syuutansky:20210725131134j:image
f:id:syuutansky:20210725131138j:image

ホテルから駅まで電動キックスクターで移動をしコンスタンツァ駅に到着。

帰りの電車は、乗り換えの便しかなく約4時間かけて帰ってきました。

f:id:syuutansky:20210725194456j:image
f:id:syuutansky:20210725194452j:image

f:id:syuutansky:20210725194503j:image
f:id:syuutansky:20210725194459j:image

充実した、週末でした。コンスタンツァ最高~

次のプチ旅行は、ブラショフ

ルーマニアに渡航・到着

前日に大阪入りをし、梅田近くのホテルで前泊。

出発当日は、荷物が多いので大阪駅から関西空港までリムジンバスで向かいました。

乗り換えなく直行便だし、荷物はトランクに入れたままなのでとても便利です。

関西空港の第1ターミナルに到着。

国際線出発フロアのある4階に。やっぱり閑散としています。

チェックインカウンターもDカウンターでオランダ航空のみがオープン。

大きな荷物を2つ預けチェックイン完了

乗客の人数を尋ねると11人とのこと(294人乗りの飛行機)。

最近、少しずつ増えてきているようで、前の週のパリ行は乗客が約180人いたとのこと。

f:id:syuutansky:20210718021222j:image

えっ、今日の国際線は3路線のみ

10:25発 KL868 AMSTERDAM行き 今回のフライトは約11時間40分

f:id:syuutansky:20210718021130j:image

もちろん、周りには誰もいません。
f:id:syuutansky:20210718021142j:image

搭乗する飛行機が到着しました。

KLM(オランダ航空)の飛行機は、青い(水色)
f:id:syuutansky:20210718021239j:image

搭乗手続きを済ませて席に着きルートを確認。
f:id:syuutansky:20210718021043j:image

後方の席でしたが、「離陸後は真ん中の方に席に移動するように」(たぶん)言われ移動することに。

後方には誰もいないのでパシャリ

f:id:syuutansky:20210718021127j:plain

座席を移動した先は、翼の真横。

f:id:syuutansky:20210718023248j:plain

早速、機内食。おいしくいただきました。
f:id:syuutansky:20210718021012j:image
間食。甘くておいしいお菓子。
f:id:syuutansky:20210718021054j:image

サンドウィッチもいただきました。
f:id:syuutansky:20210718021235j:image

着陸約1時間前に機内食
f:id:syuutansky:20210718021206j:image
ちなみに真ん中のエコノミーゾーンはこんな感じ。
f:id:syuutansky:20210718021116j:image

ほぼ、時間通りに初 アムステルダムに到着。
f:id:syuutansky:20210718021230j:image

さぁ、今から次の飛行機まで約7時間のTransit。

機内食を腹いっぱい食べているにもかかわらず、マックのマークを見ると直行。

海外のハンバーガーは、日本の物に比べてデカい。盛り方がザツ。
f:id:syuutansky:20210718021048j:image

食べ終わり、何かを買うわけでもなく空港内をブラブラ
f:id:syuutansky:20210718021109j:image
f:id:syuutansky:20210718021034j:image
f:id:syuutansky:20210718021028j:image

次は、21:00発 KL1379 BUCHAREST行き 今回のフライトは約2時間40分
f:id:syuutansky:20210718021113j:image

さすがにKLM(オランダ航空)ばかり
f:id:syuutansky:20210718021200j:image
f:id:syuutansky:20210718021122j:image

定刻通り出発。こんなに明るいのにヨーロッパは既に22:00
f:id:syuutansky:20210718021215j:image

ほぼ満席。もちろん日本人は私一人

f:id:syuutansky:20210718021100j:plain

ここでもサンドウィッチ
f:id:syuutansky:20210718021023j:image
ほぼ、定刻通り0:40 BUCHARESTに到着。

タラップで降ろされ
f:id:syuutansky:20210718021016j:image

バス待ち
f:id:syuutansky:20210718021210j:image

こんなに飛行機に近寄れないのでパシャリ
f:id:syuutansky:20210718021039j:image

今回の入国審査は、他の人より少し時間がかかりましたが、無事に入国

出口に迎えが来ていたので合流し、住んでいるブレイラまで約3時間

さすがに疲れていたのか車の中では爆睡

アパートに帰り冷蔵庫を開くと

ギャーカビが
f:id:syuutansky:20210718021135j:image
f:id:syuutansky:20210718021104j:image

えっ、ミネラルウォーターにはコケが
f:id:syuutansky:20210718021150j:image
f:id:syuutansky:20210718021226j:image

て、なことで無事約24時間の移動が完了しました。

 

再びルーマニアへ

次は、いつ帰国できるかわからないけど再びルーマニアに行ってきます。

(VISAの関係で多分3、4ヶ月後に帰国になるか?)

f:id:syuutansky:20210710165451j:image

今回も関西空港から出発。

前回は、一時帰国していた後輩と一緒に渡航のしたけど、今回は1人

ルーマニアに入国の際に言葉が通じないのでちょっと不安。

飛行機は、

前回 日曜日出発でAirFrance航空Paris経由

今回 月曜日出発でOlanda航空Amsterdam経由

transitは、約7時間。

f:id:syuutansky:20210710165508j:image

土曜日出発だったらEmirates航空Dubai経由だったのになぁ。

渡航の準備は、

・陰性証明(今回も陰性でした)

・隔離免除書類(会社から渡された書類)

QRコード(Online Coronavirus COVID-19 Statement)

 

今回の渡航で休みには

ドラキュラ城

f:id:syuutansky:20210710170842j:image

コンスタンツァ

f:id:syuutansky:20210710170854j:image

に行ってみたいと思います。

 

長距離移動(広島→高知)

VISA申請の為、地元である広島県警本部に行き『無犯罪経歴証明書』を取得し、用事が終了したので家族の居る高知へ移動することに

いつもは自家用車で移動しますが、今回は初めての公共機関での移動

選択肢は、3つ

電車(新幹線利用) 広島→岡山→高知 約3時間10分 9,940円

①’電車(新幹線利用なし) 広島→岡山→高知 約5時間50分 8,540円

フェリー+高速バス 広島→松山→高知 約6時間 4,500円+3,700円=8,200円

②’高速船+高速バス 広島→松山→高知 約4時間50分 7,800円+3,700円=11,500円

高速バス 広島駅→高知駅  4時間20分 6,800円

 

荷物も多いし乗り換えは避けたい、値段からしても高速バスが無難だと思い検索してみるとコロナの影響で運休 マジかぁ

①、②しかないと思い悩んでいると、移動数日前に広島の緊急事態宣言が7月1日に解除されました。

ダメ元で高速バスを検索してみると32席中32席募集がかかっていました。

私は、即予約をし、夜に予約状況を確認すると31席募集中。って、言うことは、客俺1人かぁ?

 

乗車日:2021/07/02 (金)
便番号:0001 便 01 号車
座席番号:7A 
乗るバス停
・広島駅新幹線口 (08:20 発車予定)
降りるバス停
高知駅BT (12:29 到着予定)
運行会社:広交観光(株)

 

当日

8:15 高速バスが到着。

f:id:syuutansky:20210711043022j:image

運転手さんに

「客 私1人ですか?」

と、聞くと

「ハイ そうです。お好きな席にお座りください。」

マジかぁ。運転手さんと2人きりのドライブです。

f:id:syuutansky:20210711051720j:image

ルートを聞くと瀬戸大橋を通り

①  八幡PA(広島県三原市)

②  豊浜SA(香川県観音寺市)

各約15分のトイレ休憩との事

f:id:syuutansky:20210711052114j:image

気付いたら休憩時間の度、運転手さんと雑談をしていました。

瀬戸大橋からの写真

f:id:syuutansky:20210711052604j:image

高知県に入り青空が出てきたのでパシャリ

乗用車だと高欄で見えない景色もバスだと見えます。

f:id:syuutansky:20210711051713j:image
f:id:syuutansky:20210711051723j:image

f:id:syuutansky:20210711043137j:image

12:30 予定通り高知駅に到着

f:id:syuutansky:20210711052655j:image

客1人という貴重な体験でしたが、何より運転手と話をする貴重な時間を過ごす事が出来ました。

 

久々の長距離ドライブ(錦帯橋と山陰海岸 編)

久々に長距離ドライブに出かけてきました。

今までは、東京で単身赴任中だったため、東京から行けるところに行っていましたが、今回は広島をスタートとして行きたかった場所に行ってきました。

レンタカーは、16時から24時間ということで、まず岩国市にある『錦帯橋』に行ってみました。

 

f:id:syuutansky:20210628012807j:image

夕日も出ていい感じ

ちょっとおしゃれにローアングルからパシャリ
f:id:syuutansky:20210628012846j:image

今度は、松を入れてパシャリ
f:id:syuutansky:20210628012832j:image

最後は、空撮でパシャリ
f:id:syuutansky:20210628012850j:image

満足した私は、一旦広島に帰り仮眠を取って

22時に出発をして鳥取県に向かいました。

お金を使いたくないので下道高速の無料区間を利用して約5時間で目的地『浦富海岸』に到着しました。

日の出が4:45頃、外はまだ真っ暗なので車内で仮眠

日の出と同時にドライブスタート。

誰もいない『浦富海岸』に気持ちがいい
f:id:syuutansky:20210628012811j:image
f:id:syuutansky:20210628021116j:image
f:id:syuutansky:20210628012853j:image

今度は、約10km離れた『鳥取砂丘

日の出がいい感じ

雨上がりで砂が湿って思っていた色とちょっと違いました。
f:id:syuutansky:20210628012900j:image

悲しいことに少しずつ緑が生えてきています。
f:id:syuutansky:20210628012837j:image


f:id:syuutansky:20210628012756j:image

今度は、境港にある『水木しげるロードf:id:syuutansky:20210628012829j:image
f:id:syuutansky:20210628012820j:image
f:id:syuutansky:20210628012759j:image

CMでも撮影されたベタ踏み坂江島大橋
f:id:syuutansky:20210628012910j:image

島根県と言えば『出雲大社

しめ縄でかぁ〜。
f:id:syuutansky:20210628012907j:image

日御碕灯台
f:id:syuutansky:20210628012804j:image

日御碕は、『出雲の松島』とも言われています。

規模は小さいけど綺麗

青空だったら映えるのになぁ〜
f:id:syuutansky:20210628012814j:image
f:id:syuutansky:20210628012824j:image
f:id:syuutansky:20210628012843j:image

最後の目的地は、

浜田市にある 『石見畳ヶ浦

検索した時の写真は綺麗だったのに満潮時間で石畳は見えず残念
f:id:syuutansky:20210628012857j:image

f:id:syuutansky:20210628021252j:image

f:id:syuutansky:20210628012817j:image

帰りも高速代をけちり、山道の国道185号を走っていると気になる景色『新王泊橋』があったので空撮でパシャリ
f:id:syuutansky:20210628012840j:image

今回の走行距離なんと約850km

レンタカー屋の人もびっくり

ざっくり横浜広島とほぼ同じ距離走行していました。

f:id:syuutansky:20210628015343j:image

f:id:syuutansky:20210628020830j:image

https://youtu.be/ES92DASEmck

やっぱりドライブ最高ぉ〜

 

 

 

 

 

 

とびしま海道サイクリング

前回とびしま海道で周りましたが、今回は自転車で周ってみることにしました。

本当は、呉→尾道(しまなみ海道)今治→(船)→岡村→(とびしま海道)→呉を周ってみたかったのですが、延長距離を調べると1日では、周りきれる距離ではなく断念

 

と、言うことで今回のルートは、

呉→(とびしま海道)→岡村・大崎下島→(船)→大崎上島→(船)→安芸津→呉。

 

5:00 起床

5:30 出発

前日、準備・確認をしたのに何故かスピードメーター動かず、液晶も薄くなりスタートからトラブル発生。近くのコンビニにで電池を購入し交換。

文字もはっきり見えるようになり、スピードメーターも起動開始。

 

まずは、本土蒲刈を結ぶ『安芸灘大橋』。

自転車は、料金が発生するっと思っていましたが、無料

f:id:syuutansky:20210630084252j:image

f:id:syuutansky:20210630084311j:imagef:id:syuutansky:20210630084255j:image

次は、蒲刈蒲刈を結ぶ『蒲刈大橋』。
f:id:syuutansky:20210630084219j:image
f:id:syuutansky:20210630084210j:image

海猿のロケ地を通過して次は

蒲刈豊島を結ぶ『豊島大橋
f:id:syuutansky:20210630084215j:image
f:id:syuutansky:20210630084242j:image

豊島を走り抜け次は、豊島大崎下島を結ぶ『豊浜大橋
f:id:syuutansky:20210630084303j:image
f:id:syuutansky:20210630084320j:image

最後に大崎下島岡村島を結ぶ

平羅橋
f:id:syuutansky:20210630084315j:image

左『中の瀬戸大橋』右『岡村大橋

f:id:syuutansky:20210630090220j:image

大崎下島にある『御手洗保存地区』を観光し
f:id:syuutansky:20210630084232j:image
f:id:syuutansky:20210630084307j:image

f:id:syuutansky:20210630221229j:image

フェリーで小長(大崎下島)→明石(大崎上島) 料金は、自転車込みで330円
f:id:syuutansky:20210630084324j:image

小長港を出港
f:id:syuutansky:20210630084236j:image

中の瀬戸大橋の下をくぐり
f:id:syuutansky:20210630084258j:image

明石港に到着

大崎上島循環線(県道65号)を走り大崎上島を縦断

大西港の目の前には大崎上島長島を結ぶ『長島大橋
f:id:syuutansky:20210630084223j:image

次のフェリーは、大西(大崎上島)→安芸津(本土) 料金は、自転車込みで400円
f:id:syuutansky:20210630084226j:image

最後は、国道185号

とびしま海道とは違い交通量も多く危ないので、出来るだけ歩道を走り

無事11:30到着。

走行距離:約65km

所要時間:約6時間

のサイクリングでした。

久々のサイクリング運動は、気持ちよかったぁ〜

ただ、運動不足の為 太ももが筋肉痛になりそう。

 

 

帰国後の自主隔離(14日間)

やっと、あと1日で隔離が終わります。

 

私の場合は、会社がウィークリーマンションを契約してくれていたので、そこで14日間の自主隔離を行っていました。

 

自主隔離のルールをわかりやすくまとめたものがあったので添付します。

 

f:id:syuutansky:20210626225010j:plain

f:id:syuutansky:20210626225022j:plain

f:id:syuutansky:20210626225038j:plain

f:id:syuutansky:20210626225047j:plain

その他

f:id:syuutansky:20210626221420j:plain

 

帰国後に強制的に入れさされた3つのアプリ

OVERSEAS ENTRANTS LOCATOT

接触確認アプリ(出番がありませんでした)

MySOS

 

f:id:syuutansky:20210626221407p:image

 

自主隔離期間中は、下記の3つ厚生労働省とのやり取りが行われました。

① 『今ここ』ボタンを押す

② 抜き打ちのテレビ電話

③ 健康状態の確認連絡

 

 

①『今ここ』ボタンを押す

『OVERSEAS ENTRANTS LOCATOT』のアプリで下記の通り毎日2回、不定の時間通知が来ます。

どう考えても『今すぐ』と、言うものは限界があると思います。

そんなにスマホを持ち歩いているわけでもないですし。
f:id:syuutansky:20210626221346p:image
f:id:syuutansky:20210626221424p:image

青丸の『今ここ』ボタンを押すと何かが送信されます。

多分、こうやってGPSで居場所を確認されているのだと思います。

通知が来た時間を下記に表示しています。

大体午前1回、午後1回

f:id:syuutansky:20210626221756p:image
f:id:syuutansky:20210626221750p:image

 

② 抜き打ちのテレビ電話

噂では、『2,3日に1回テレビ電話がかかってくる」と聞いていました。

私の1回目は、帰国をして5日目でした。それからは、ほぼ毎日不定の時間にかかってきました。

お体に異常はないですか?今おられるのは隔離場所として登録されているところですか?」と、言う質問のみです。

6月21日からではなくAIから連絡が来るようになり、

顔と背景を30秒間映してください』とのことです。

1人で30秒間もスマホに向かってじっとしていなくてはならなかったので、情けない気持ちになってきました。


f:id:syuutansky:20210626221401p:image

頻度は、下記の通りです。

f:id:syuutansky:20210626222433p:image

 

③ 健康状態の確認連絡

登録したメールアドレスに厚生労働省から下記のようなメールが届きます。

メールの中にリンク先が貼ってあります。

それを実行すると2問の質問に答えるシステムで、毎日14時までの回答でした。


f:id:syuutansky:20210626221826p:image


f:id:syuutansky:20210626221351p:image

f:id:syuutansky:20210626221341p:image

2問回答し 『回答確認』ボタンを押すと下記の画面になります。
f:id:syuutansky:20210626221417p:image

回答完了』を押すと完了です。
f:id:syuutansky:20210626221413p:image

 

それ以外に関しては、やはり外出が気になると思います。

食材に関しては、ルールにも記載があった通りマスクをして近くのスーパーに食材を買いに行っていました。

家でじっとしておくのが嫌いな私は、健康維持の為と言うことで散歩・ジョギングに出かけていました。

 

こんな感じで14日間の自主隔離が終了しますが、会社的には在宅ワークでしたが

ベッドに溶け込みそうだった』と、言うのが本音です。

 

ミャンマー入国後の隔離は、指定ホテル部屋から出ることが出来ない(7日間)とのことなので私にとってはかなり過酷な生活が待っています。