ミャンマー事情(その2)

ミャンマーに来て約3か月。

また、色々と見えてきたので紹介します。

 

朝食:結構、外食する人が多い。朝の風景。

f:id:syuutansky:20220416012603j:plain

ミャンマー食:有名なモヒンガー(ナマズが入っているらしい)

f:id:syuutansky:20220416012606j:plain

弁当箱:通勤で手に持っているのをよく見かける。

f:id:syuutansky:20220416012611j:plain

スーパーで見つけた日本食ラーメン:安心する味

f:id:syuutansky:20220416012612j:plain

パジャマ姿の女性:言い方悪いけど志村けんさんのだいじょうぶだぁにしか見えない

f:id:syuutansky:20220416012617j:plain

こんな感じ

f:id:syuutansky:20220416013329j:plain

荷物を頭に上に:すごいバランスだよなぁ

f:id:syuutansky:20220416012621j:plain

コブラ草むらにコブラがいるらしい

f:id:syuutansky:20220416012626j:plain

確かに寺院の仏像の後ろにコブラが居る

f:id:syuutansky:20220416013916j:plain

油で揚げたお菓子をたくさん積んで走るバイク:

f:id:syuutansky:20220416012629j:plain

噛みタバコ(蒟醤(キンマ)):口の中を血で染めたかのようにくちゃくちゃしている正体はこの噛みタバコ。おいしいのかなぁ?

f:id:syuutansky:20220416012631j:plain

今回は、こんな感じです。

また、新たな発見があれば報告します。

まさかの『コロナに感染』

とうとうコロナに感染してしまいました。

感染したのは、先月(3月)。

廻りで感染者続出

ほぼ毎日ミャンマー人の誰かが感染、日本人も10人中4人が感染。

これは、自分が感染するのは時間の問題だと思いながら、

その反面

『自分が感染するはずない。うがいも、手洗いもしてるし』

と思っていました。

ある日からが出始め、体がポカポカ。

っえ、まさか。

ミャンマーは気温が高いから『ただ暑いだけ』と思い聞かせていました。

でも、おかしいと思い体温を測ると38.3℃

しかも同じ時期にがからみ始め、これは感染しまったと実感し、

事務所にあった簡易RCR検査キット(鼻で検査)で検査をすると、

 

f:id:syuutansky:20220416004156j:plain

2本のライン陽性)が。

マジかぁ

体力的に問題はなかったけど、仕事に行き他人に感染させてはいけないと思い、

ここから1週間、ホテルで軟禁生活スタート

軟禁中の体調は、初日に熱が出たくらいで、特に何も変化なく、1日に2,3回痰が出るくらい。

毎日毎日、体温は36.3~36.5℃、酸素濃度は99%(96~99%が正常値)。

食欲も普通。普通に元気。

 

他の人の話だと、

・のどが痛く、

・体温はずっと38℃近く

・立ち上がることが出来ない

ミャンマーの油濃い料理が食べれない

とのことです。

 

5日目元気な私は、我慢ができず簡易PCR検査キットをもらい確認すると

 

f:id:syuutansky:20220416004159j:plain

ラインは1本(陰性)でした。

不思議なことに私の職場では、私が最後の感染者でピークは通り過ぎました。

私は色々な人と話をしますが、私から感染した人はいないのだろうか?と。

今回感染をして思ったけど、

さすが

手洗いうがいをしていてもにコロナ感染から逃げることはできない

ことが分かりました。

ワクチンを2回接種をしていたから軽傷で済んだんだと思います。

ワクチン接種は、大事です。

ミャンマー事情

ミャンマーに来て約1か月。

色々と見えてきたのでブログを書くことにしました。

時差:日本時間より2時間半遅い

気温:今(2,3月)は、最高気温が30℃前後。真夏は30℃後半。

季節:11~5月 乾期、6~10月 雨期

言語:ミャンマー語(全くわからない)

f:id:syuutansky:20220227003434p:plain

治安:盗難、ひったくり等は基本ない。

   警察と軍が、機関銃を持って立っている光景を目にする。

   たまに私服で機関銃を持って立っているのでちょっと怖い。

   是非やめてもらいたい。ドキッとする。

人 :とにかく真面目

   朝礼時、綺麗に整列をして無駄口をする人がいない。

電気:1日数回の停電がある。1回は、長い時で5分くらい。

   シャワー中に停電になったら最悪。

コンセント:BFタイプ

f:id:syuutansky:20220227001519j:plain

 実はこのタイプ万能なことに気づいた。

 日本のAタイプ、ヨーロッパのCタイプもそのまま使用可能。

 ただ、電圧は220Vなので注意が必要。

 スマホの充電、パソコンなどは普通に使えるので便利。

携帯の電波:かなり田舎でも使用可能。速度も気にならない。

飲み水:購入ort地下水を浄化して使用する

生活水:雨水を貯めて使用するor地下水を浄化して使用する

    (上水は、整備されてなさそう)

お金:ミャンマーチャットMMK)日本円を米ドルに両替してからMMKに両替

   (なぜか米ドル札の新札でないと両替してもらえない)

通貨:1円=15.35MMK  1MMK=0.065円(2022/2/27現在)

物価:私が感じる限り日本の1/4~1/3

  (コカ・コーラ500㎖ 日本では150円、ミャンマーでは600MMK(約40円)

食事:基本、唐辛子ニンニク入り。べっとり。

   辛すぎて食べれなかった以外基本おいしくいただいています。

昼の弁当は、こんな感じ。これで2500MMK(約162円)、3000MMK(約195円)

f:id:syuutansky:20220226234616j:plain

f:id:syuutansky:20220226234633j:plain

f:id:syuutansky:20220227003914j:plain

車:ほとんどが日本車の10~20年前に走っていた中古車

  特に多い車種は、TOYOTAPROBOX or HIACE

  たまに、エンジンむき出しの車が走っている。

f:id:syuutansky:20220226232002j:plain

f:id:syuutansky:20220226232041j:plain

エンジンを見させてもらうとなんとエンジンはTOYOTA。しかもライトはLED。

f:id:syuutansky:20220226232149j:plain

f:id:syuutansky:20220226232152j:plain

街でよく見かける後ろに荷台付きのバイク

f:id:syuutansky:20220226232049j:plain

f:id:syuutansky:20220227004137j:plain

ちょっと小さいトゥクトゥク

後ろは3人乗り。

たまに運転手の両脇に座って、運転手入れて計6人で走っているのを見かけることもある。

f:id:syuutansky:20220226232400j:plain

 約1㎞=2000MMK(約130円)ちなみにバイク(2輪のタクシーはその半額)

f:id:syuutansky:20220226233438j:plain

 乗り物に関しては、たぶん無法地帯。

 バイクも大人3人子供2人計5人、軽トラックの後ろに約6人、トラックも見るからに過積載、無灯火のバイク、ナンバーのないバイク が走っている。 

交通:右側通行。

   基本 一番 車、2番 バイク 3番 人。なので歩行者はかなり危ない。

   信号は、ほどんどない。

   追越しが多いため、抜くときにはクラクションを鳴らす。

パゴダ:日本での神社、寺 位の多さ

   (参拝するときは、靴を脱ぎ裸足で廻る。ハーフパンツはたぶん大丈夫。)

f:id:syuutansky:20220227003534j:plain

f:id:syuutansky:20220226233014j:plain

基本どこのパゴダに行ってもこんな感じ。大仏さんLEDで神々しい。

f:id:syuutansky:20220226233025j:plain

たまに横たわった大仏も

f:id:syuutansky:20220226233021j:plain

f:id:syuutansky:20220227003632j:plain

f:id:syuutansky:20220227003650j:plain

夕日・夕焼け:めちゃくちゃ綺麗(世界どこでもいっしょだと思うけど)

f:id:syuutansky:20220226233411j:plain

電化製品:ちょっと昭和感が

f:id:syuutansky:20220226233506j:plain

f:id:syuutansky:20220226233512j:plain

魚市場:基本、川魚が多い

f:id:syuutansky:20220226233545j:plain

f:id:syuutansky:20220226233556j:plain

f:id:syuutansky:20220226233600j:plain

はじめ、木の枝かと思ったけど足でした。

f:id:syuutansky:20220226233605j:plain

ココナッツ:移動中売っていたので買ってみました。

      決しておいしいとは言えないかな。

f:id:syuutansky:20220227003724j:plain

f:id:syuutansky:20220226233616j:plain

中身を飲み終わったら割ってもらって白い実を食べるとのこと

f:id:syuutansky:20220226233620j:plain

船:いい味が出てる

f:id:syuutansky:20220226233629j:plain

川でよく漁をしている船。駆動は、草刈り機みたいなもので進んでいます。

f:id:syuutansky:20220226233631j:plain

野:野犬が多い。雑種と言うより、見た目、本当の野犬。

鶏もちらほら見かけます。

f:id:syuutansky:20220226233644j:plain

たまにヤギも見かけます。

f:id:syuutansky:20220226233653j:plain

その他:

・朝礼などで人がしゃべった後には拍手をする。ラジオ体操の後も。

・物を渡すときには片方の手は渡す側の腕に手を添える

・一人で歩いているとバイクタクシーが(乗らないか?)と声をかけて来たり、クラクションを鳴らしてくる。

 今は、慣れたけど始めは気持ち悪かった。

・数人で話し込んでいる人達に『じろーっ』と見られる。すごく目線を感じる。

 これも始めは、気持ち悪かったけど、最近慣れてきた。

・顔に白い化粧品『タナカ』を塗っている。たまに全面塗っている人がいる。

 言い方は悪いけどバカ殿さまにしか見えない。

・インド人もちらほら見かける。

・パゴダの他に教会ヒンズー教寺院を見ることが多い。

f:id:syuutansky:20220227003828j:plain

・みんな裸足ビーチサンダル

 靴下にスニーカーで歩いていたらかなり目立つ。

カレンダー 基本横書きだけど縦書きのカレンダーを見つけたので撮ってみました。

f:id:syuutansky:20220227003806j:plain

てな感じです。

地元の人も言うけど、軍事政権で自由に県外へ出にくくなっているらしいので、今後 旅行も難しそう 残念

強制隔離10日間(in Myanar)

ミャンマーへ入国後の強制隔離は7日間の予定ででしたが、渡航日前日に10日間に延長になったと連絡が入りました。

 

強制隔離先は、5つ星の『Lotte Hotel Yangon』です。

さすがに部屋数が多い。綺麗。私は、8階の部屋へ滞在することに。

f:id:syuutansky:20220207010257j:plain

部屋はこんな感じ。

f:id:syuutansky:20220207010300j:plain

ツインの部屋でした。

f:id:syuutansky:20220207010304j:plain

f:id:syuutansky:20220207010306j:plain

f:id:syuutansky:20220207010310j:plain

f:id:syuutansky:20220207010314j:plain

f:id:syuutansky:20220207010318j:plain

f:id:syuutansky:20220207010321j:plain

シャンプー、コンディショナー等は『L’CCITANE

f:id:syuutansky:20220207011806j:plain

f:id:syuutansky:20220207011809j:plain

窓からは、インカー湖を眺めることができます。

f:id:syuutansky:20220207010326j:plain

注意事項は、下記の通りです。

f:id:syuutansky:20220207011814j:plain

基本、日本の強制隔離と一緒で、部屋から出ることができません。

(部屋の鍵は渡されませんでした)

食事も外に設置してある椅子の上に食事が置かれ、食べ終わったら椅子の下に置いておきます。

ただ違うのが日本で10日間強制隔離の場合解放されるのは11日目ですが、ミャンマー10日目に開放でした。

あと、PCR検査は1、9日目に行われ日本の場合はキットを前日に配布されて当日の朝部屋で自ら唾液を採取して外に置いておくものでしたが、ミャンマーの場合は係員から呼ばれたら3階のPCR検査室?に呼ばれ鼻に細い綿棒を突っ込まれて行う検査でした。

毎日、体温を計るようにと体温計を渡されましたが、懐かしの水銀タイプの体温計です。1日目に計ってみると38.1℃マジかぁ

体に変化はないのにやってしまった?

自分が日本から持って行ったデジタルの体温計で計測すると36.7℃。だよな。

さすがにびっくりしました。

f:id:syuutansky:20220207015008j:plain

部屋から出ることがないので毎日同じ景色です。

日の入り

f:id:syuutansky:20220207011852j:plain

太陽が昇り

f:id:syuutansky:20220207011856j:plain

夜になる

f:id:syuutansky:20220207011900j:plain

10日間この繰り返しでした。

食事は、事前にアジアン日本食ヨーロッパ食からの選択で、途中変更ができることを知らずずっと私は日本食を食べていました。

7日目に変更が可能と言うことでアジアンに変更してみました。

下の写真はアジアンの隔離飯です。

基本、おいしくいただきましたが、量が多く感じました。

朝食(7:00~)

f:id:syuutansky:20220207011950j:plain

昼食(12:15~)

f:id:syuutansky:20220207011953j:plain

夕食(18:30~)

f:id:syuutansky:20220207011955j:plain

強制隔離で困るのは日本と一緒でやっぱり洗濯でした。毎日毎日シャワーを浴びながら洗濯。どんなに絞っても洗濯機の脱水には及びません。

今回はツインだったので6日目にベットを移動したり、自分なりに気晴らしを行っていました。

9日目のPCR検査も『陰性』とのことで10日目『陰性証明』を10:30頃受理しチェックインを済ませ、目的地モーラミャインに約7時間(約310㎞)かけて移動しました。(別編で)

 

いよいよミャンマーへ

いよいよミャンマー渡航です。

家族のいる高知県から出発です。

f:id:syuutansky:20220123012735j:plain

15:00発 成田行き ジェットスター

f:id:syuutansky:20220123012738j:plain

いい眺め

f:id:syuutansky:20220123012740j:plain

16:30 成田空港に到着

f:id:syuutansky:20220123012743j:plain

おっ、今話題のA380を発見

f:id:syuutansky:20220123012745j:plain

時間があるので展望台で夕焼け

f:id:syuutansky:20220123012750j:plain

荷物は事前に成田空港に送っていたので受取。

チェックインの時間が来たのでカウンターに向かうと大行列

マジかぁ~。

f:id:syuutansky:20220123012757j:plain

この飛行機は、救援便で一般募集されていない便。

しかもヤンゴンで給油ができないとのことでいったん那覇空港に着陸予定。

直行便だと成田ーヤンゴン約7時間ですが、

今回は成田ー那覇ヤンゴンとなり約13時間

f:id:syuutansky:20220123012804j:plain

22:25 成田空港 出発

飛行機は、B767-300 2-3-2列のタイプ。

乗客数は、私が見た感じだと

全座席数の約1/3(2人席には1人、3人席は1or2人)

うち約1/3が日本人

簡単な機内食

f:id:syuutansky:20220123012816j:plain

せっかく窓際にしてもらったけど夜間飛行のため写真を撮ってもこんな感じ

f:id:syuutansky:20220123012821j:plain

翌1:20 那覇空港に到着

f:id:syuutansky:20220123012831j:plain

機内からは手荷物を持って出され、ロビーで約4時間待機

沖縄らしいジュースが売っていたのでその自動販売機をパシャリ

f:id:syuutansky:20220123012833j:plain

f:id:syuutansky:20220123012838j:plain

5:45 搭乗開始

6:15 那覇空港を出発

f:id:syuutansky:20220123012843j:plain

機内食

f:id:syuutansky:20220123012850j:plain

朝焼けが綺麗だったのでパシャリ

f:id:syuutansky:20220123012900j:plain

f:id:syuutansky:20220123012909j:plain

そろそろ着陸態勢

f:id:syuutansky:20220123012914j:plain

大きく旋回をしてヤンゴン国際空港

f:id:syuutansky:20220123012919j:plain

日本時間11:40(ミャンマー時間9:10) ヤンゴン国際空港到着

f:id:syuutansky:20220123012931j:plain

f:id:syuutansky:20220123012943j:plain

左の列で

・パスポート

・ワクチン接種証明

・陰性証明

・機内で書いた健康チェック表

を確認。

その後、右の列に進み入国審査

f:id:syuutansky:20220123012948j:plain

12:30 無事にミャンマーへ入国

その後、ホテル行のバス待ち。

13:45 隔離ホテル(Lotte Hotel)へ移動。

ミャンマー ヤンゴンでの強制隔離(10日間)がスタート。

 

帰国中の記録(in 広島・高知・徳島)

帰国中も色々と巡ってみました。

安芸灘大橋から見える夕焼け夕日

f:id:syuutansky:20220123001252j:plain

呉市で有名なメロンパン

f:id:syuutansky:20220123001258j:plain

鉄のクジラ艦

f:id:syuutansky:20220123001302j:plain

f:id:syuutansky:20220123001306j:plain

大和ミュージアム

f:id:syuutansky:20220123001313j:plain

戦艦、潜水艦が見れる潜水艦桟橋

f:id:syuutansky:20220123001315j:plain

えっ、自衛隊って空母持ってたっけ?

f:id:syuutansky:20220123001318j:plain

『184』で検索するとヘリコプター搭載護衛艦

私の好きな番組の『世界の果てまでイッテQ』の女子会で登っていた

竹原にある『黒滝山』に登ってみた。

f:id:syuutansky:20220123002231j:plain

そこからの朝日朝焼け

f:id:syuutansky:20220123001328j:plain

f:id:syuutansky:20220123001333j:plain

瀬戸内海を見るとなんか落ち着く。

f:id:syuutansky:20220123001337j:plain

家族のいる高知県に移動して

のいち動物公園

f:id:syuutansky:20220123001401j:plain

子供が頼んだ『カメさんカレー

f:id:syuutansky:20220123001404j:plain

高知城

f:id:syuutansky:20220123001413j:plain

子供を連れて1泊2日の徳島県の旅

(目的は、子供に色々な乗り物を乗させること)

1日目 宿泊場所の鳴門まで内陸を通り向かいました。

小便小僧

f:id:syuutansky:20220123001425j:plain

ひの字渓谷

f:id:syuutansky:20220123002535j:plain

川島橋。徳島にも沈下橋があるんだぁ。

f:id:syuutansky:20220123001430j:plain

f:id:syuutansky:20220123002840j:plain

子供に渦潮を見せようと思い

大鳴門橋

f:id:syuutansky:20220123001437j:plain

f:id:syuutansky:20220123001456j:plain

渦の道(大人510円)

私は、24時間365日渦が巻いているものだと思っており、

大鳴門橋に到着した時間には渦が巻いていなく断念

f:id:syuutansky:20220123001453j:plain

f:id:syuutansky:20220123001447j:plain

本当は、この場所から渦潮が見えるはずでした。

f:id:syuutansky:20220123011413j:plain


宿は鳴門海月別亭 鯛丸海月

f:id:syuutansky:20220123001500j:plain

f:id:syuutansky:20220123001503j:plain

安定の綺麗さで、5階にある大浴場で気持ちよくリラックスさせてもらいました。

f:id:syuutansky:20220123001506j:plain

2日目 クルーズに乗船

こんなに大きな船で乗客は、私と子供2人だけ。

完全貸し切り状態。

f:id:syuutansky:20220123001513j:plain

f:id:syuutansky:20220123001519j:plain

f:id:syuutansky:20220123001522j:plain

次に向かったのは、昨年12月25日から運行の

DMVデュアル・モード・ビークル

バスと列車がひとつになった新しい乗り物

まずは切り替えを見に阿波海南駅

f:id:syuutansky:20220123010457j:plain

f:id:syuutansky:20220123001526j:plain

バスから列車へ。おっ、車輪が出てきた。

f:id:syuutansky:20220123001529j:plain

f:id:syuutansky:20220123001534j:plain

その後は、DMVを乗るために道の駅宍喰温泉

ここでは、バスに乗車🚌

ここでも乗客は、私と子供だけ。

この操作盤でバスから列車、列車からバスに切り替わるみたい。

f:id:syuutansky:20220123001543j:plain

車内はこんな感じ

f:id:syuutansky:20220123001546j:plain

f:id:syuutansky:20220123001550j:plain

途中 甲浦駅バスから列車へ切り替わり

f:id:syuutansky:20220123004336j:plain

宍喰駅まで乗車。(大人400円)

DMVを見送り約15分歩いて車を駐車した道の駅宍喰温泉

f:id:syuutansky:20220123001600j:plain

次に向かったのは、むろと廃校水族館(大人600円)

f:id:syuutansky:20220123001605j:plain

中には大きなカメの水槽

f:id:syuutansky:20220123001612j:plain

廊下には、海の生き物の標本が展示されています。

f:id:syuutansky:20220123001620j:plain

理科室にも標本が。

f:id:syuutansky:20220123004548j:plain

25mプールには、ウミガメチヌ達が

f:id:syuutansky:20220123004555j:plain

子供は、色んな乗り物に乗れ、温泉ではしゃぎ、水族館も行けて楽しそうでした。

 

短い帰国期間でしたが、色々廻れて充実した連休でした。


最後に日本でしか食べれない連休中に食べた贅沢食事

吉野家スタミナ丼

f:id:syuutansky:20220123001624j:plain

天下一品こってりラーメン定食

f:id:syuutansky:20220123001628j:plain

海鮮丼セット

f:id:syuutansky:20220123001629j:plain

握りずし やっぱりトロうまい

f:id:syuutansky:20220123001634j:plain

カツオのたたき御膳

f:id:syuutansky:20220123001644j:plain

次、日本に帰れるまで日本食は、お預けです。

強制隔離6日間(日本へ帰国後)

前回のブログにも書いた通り私は、6日間強制隔離対象者となり

アパホテル新大阪駅で隔離することとなりました。

ルーマニアは強制隔離対象国ではありませんでしたが、

帰国前14日以内フランスに滞在があるということで強制隔離対象者となりました)

受付時に下記の『待機施設の手引き』を渡され、その後 部屋に案内されました。

 

f:id:syuutansky:20220122224616j:plain

f:id:syuutansky:20220122224625j:plain

部屋に案内され6日間の強制隔離スタートです。

強制隔離のため部屋から出ることはできません

なのでルームキーも渡されませんでした。

部屋はこんな感じです。ちょっと狭いけど特に問題ありません。

スーツケースは、ベットの下に置けるようになっていました。

f:id:syuutansky:20220122224636j:plain

f:id:syuutansky:20220122224645j:plain

f:id:syuutansky:20220122224648j:plain

フェイスタオル・バスタオルは、約3枚ずつ用意されていました。

それ以上必要な場合は、事務局に連絡すると持ってきてくれるとのことでしたが、

私は2日毎に交換をして追加をもらわないようにしました。

 

食事は、こんな感じ

【朝飯】8:00頃

f:id:syuutansky:20220122224654j:plain

【昼飯】12:30頃

f:id:syuutansky:20220122224658j:plain

【夜飯】18:30頃

f:id:syuutansky:20220122224702j:plain

私は、特にアレルギーもなく好き嫌いもないので毎食おいしく3食いただきました。

食事の受け渡しは、各部屋に配布後、館内放送が流れて

外の椅子の上に置いているのを取り、食後のゴミは椅子の下に置くシステムです。

f:id:syuutansky:20220122224708j:plain

ただ、早起きの私には8:00の朝食まで我慢ができないのと、毎食ちょっと量が少ないこと。

わがままも言えないので我慢していましたが、さすがに3日目に我慢ができなくなり初めてUber Eatsを頼むことに。

とは、言っても食事まではいらないんだよなぁ。

間食くらいでいいんだけどなぁ~

(私は、Uber Eatsは食事しか頼むことができないと思っていました)

まず、アプリのダウンロードから、

検索してみるとコンビニ(ローソン)があるではないですか。

速攻 お菓子、デザート、お結びを注文し、手引きに書いてある通り事務局に注文した旨を報告すると

約40分で配達員の人が部屋のドアまで運んできてくれました。

こりゃ便利だ

PCR検査は、途中の3日目

f:id:syuutansky:20220122224711j:plain

最終日の6日目に行われました。

6日目の最終日は、朝からPCR検査のため唾液採取を行い、朝食を取り、帰り支度をし待ち遠しく部屋で待機です。

情報では、PCR検査結果が昼前に分かり15~16時頃にバスで関西空港に向かいお迎えレンタカー自主隔離場所まで移動するとのことでしたが、

この日は、関西空港まで戻る人が私一人と言うことで時間が早まり、

14時頃 ハイヤー(グランエース)が迎えに来てくれて

15時頃 関西空港に送迎してもらいました。

私は、自主隔離を広島に設定していたので

情報の予定では、

15~16時に隔離ホテルを出発して、

1時間後に関西空港

その後レンタカーを借りて

約4時間かけて広島に帰ると

到着が夜中になる

と、想定していたため

もう一泊スターゲートホテル関西エアポートに宿泊をして

移動するようにしていました。

f:id:syuutansky:20220122232326j:plain

すげぇ54階まであるんだ。さすがにエレベーターのボタン多いなぁ。

私は34階に宿泊です。

f:id:syuutansky:20220122232331j:plain

f:id:syuutansky:20220122232335j:plain

f:id:syuutansky:20220122232338j:plain

すげぇ~。

こんなにいいホテル泊まれるなんて。

f:id:syuutansky:20220122232347j:plain

f:id:syuutansky:20220122232355j:plain

f:id:syuutansky:20220122232358j:plain

さぁ、カーテンを開けて34階からの夜景を

f:id:syuutansky:20220122232406j:plain

さすがに綺麗

翌日の早朝もパシャリ

f:id:syuutansky:20220122232411j:plain

朝方外から見てもやっぱり大きなホテルだったんだぁ。

f:id:syuutansky:20220122232315j:plain

その後、トヨタレンタカーで借りたプリウスに乗り

約4時間かけて広島に移動しました。

f:id:syuutansky:20220122232417j:plain

今回の強制隔離は、年末年始と重なりテレビで特番が多かったので

そんなに暇を持て余すことはありませんでした。

不便に感じたことは、洗濯で、クリーニングを出すことができないので毎日ルーマニアから持って帰っていた粉洗剤でシャワーの時間に手洗い洗濯し、シャワーカーテンの棒に洗濯物を干していました。

年末年始にもかかわらず水際対策強制隔離施設の担当者の皆様、

本当にご苦労様でした。